HeMX(透析情報交換規約)出力機能を有するイベント入力システムの開発

目的

透析支援システムでの入力端末は同一なシステム環境でのみ動作する現状があり、自由に端末を選択するには制限がある。我々は携帯端末を使用したイベント入力システムを開発し、他のシステムとの情報共有にHeMXを用いた方法を実装したので報告する。

方法

本システムはサーバ側で動作するwebアプリケーションとして開発し、携帯端末からは無線LANで接続した。入力項目はスタッフ名、患者名、時刻、イベント内容(愁訴、処置)とした。データベースへ患者名、期間を指定し、抽出したデータをHeMX出力した。

結果および考察

携帯端末の使用によりイベントが発生した時点での発生源入力が可能。HeMX出力に対応することで他のシステムでのデータ利用が可能。

結語

透析支援システムのメーカーを問わず使用可能な本システムは、自由な端末の選択が可能である。入力したデータはHeMXを利用することで透析支援システムとの情報共有が可能となる。

ページトップへ