WebObjectsによる透析チャートの開発(2001年)

目的

第42回学術集会においてJava言語を用いてWebBrowserに表示可能な透析チャートを発表したが、ダイナミック(動的)に表示をするためデータ検索にcsh,rshやSQLなど煩雑な仕組み(プログラミング)が必要であった。

今回WebObjecsを用いることによりスマートに実行できる透析チャートを開発したので報告する。

方法

OS:MacOSXerver、開発環境:WebObjects、DBMS:Oracleを用いた。

結果

データベース操作が簡便になった。前作より早い検索・表示が可能であった。

考察

データベース構造を知らなくても、問い合わせができるのは、EOModelerによることが大きい。データベース操作においては、EOF(Enterprise Objecs Framework)を用いているので,非常に簡便であった。

結論

WebObjectsを用いた透析チャートは有用である。WebObjectsがあれば、データベース検索・表示・入力などの管理は、少ない労力で最大の効果が可能であり、期待できる。

ページトップへ